【産後のセルフケアって何をすればいいの?】

これまでも、産後の女性については時々書いてきました。

<産後のダメージ>

https://gracefulcare.iairjapan.jp/archives/780

<産後すぐにできるセルフケア>

https://gracefulcare.iairjapan.jp/archives/1468

<産後1ヶ月後のセルフケア>

https://gracefulcare.iairjapan.jp/archives/1183

<産後のお母さんに必要なこと>

https://gracefulcare.iairjapan.jp/archives/3294

 

出産予定日まであと1ヶ月半なので、

今回は産後のセルフケアについて私の経験から書かせてもらいます。

 

最近は芸能人の影響もあってか、

産後すぐに体(体型)を戻そうとされる方が多いのかなという印象を持っています。

私も1人目の時は12キロ増でしたので、焦る気持ちはすごくわかります。

 

ただ、体のことを考えると、

本当に早いうちから体を動かすことやお腹をギュウギュウ締めることが

将来的に良いことなのか?というのは疑問があります。

 

なぜなら、「腹直筋離開」「骨盤が広がる」「子宮脱」「脱肛」などのリスクがあるからです。

 

 

お店に行くと、産前・産後に使える骨盤ベルトやウエストニッパー、ガードルなど引き締めるための商品がたくさん売られています。

これらの商品を否定はしませんが、

使用方法と体に合っているのかということは考える必要がありそうですよね。

個人的には、心地よいとか、安定感があるとか

「自分の感覚を大切にすること」が一番良いのかなと思います。

 

 

セルフケアについては、

産褥期(特に産後1ヶ月程度)はとにかく体を休めることが必要です。

肩回しなどの簡単な運動程度なら無理なく行えるかもしれませんね。

 

1ヶ月検診が終わった頃くらいから、徐々に座った状態や四つ這いでできるもので体幹を捻る要素が少ないものから始めてみることがいいかもしれません。

しとやかケアでお伝えした中では「ゆるめる」「整える」もの。

この時期はまだ体が戻りきっていないため、

全身の筋力を使うような「引き締める」ようなポーズは

避けたほうが体のためには良いと個人的には思います。

 

 

それ以降はご自分で体の声を聴きながら、

焦らず、無理せず、体のペースに合わせて、少しずつ種類を増やしていく

というのが理想ではないでしょうか。

これも、「自分の感覚を大切にすること」が一番良いのかなと思います。

 

 

今回は検査後の大量出血など、妊娠中は何があるかわからないということを色々経験しました。

現在フルタイムで働いていますが、明後日で34週になるため産休に入ります。

ここまで支えてもらった方々、

快く休暇に入らせてくれる同僚達、

そしてここまで元気に過ごしてくることができた自分の体に

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また、PMSセミナーやしとやかケアベーシックコースを受講されて、どんどん変わっていく皆さんをみていてとても嬉しく思っています。

出産予定日1ヶ月前のため、

残念ながらMIND ∞ BODY CLEARINGメソッド1インストラクター研修は

参加できませんが、仲間が増えることを楽しみにしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

しとやかケア認定インストラクター

作業療法士

小林めぐみ

 

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top