【母親が無意識に我慢していること】

先日、突如娘が「ツルツル(麺)食べたい。ラーメン食べたい」と言い始め、近くのラーメン屋に行ってきました。

 

アトピーっ子の娘は普段小麦を控える生活をしており、人生初のラーメンでした。

初めてのラーメンが美味しかったのか、パクパク食べる娘。

 

ふと、「ラーメン食べるの、いつぶりだろう・・・」と思いながら食べている自分がいました。

私も娘に合わせて小麦を控える生活を始めてから、ラーメンは食べていなかったのです。

 

その夜腕をかきむしっていた娘は、「ツルツル(麺)には種類がある。中でもうどんが好き」と学習したようです。

翌日は「ツルツルのうどん、食べたい」と言っていました。

皮膚症状が出ても困るので、しばらく小麦製品はおあずけです。

 

子どもは自分がやりたいことに対して貪欲ですね。

私も見習おうと思った出来事でした。

 

仕方ないので妊娠すれば飲酒をやめ、

産後も母乳をあげている時は、

仕方ないので乳腺炎になりづらい食事・栄養のある食事を食べ、

子どもが離乳食を卒業しても、

仕方ないので自分が食べたいものよりも子どもが食べられるものを選んでいる。

 

そんな日々を続けているうちに、

私は無意識のうちに子どもに合わせて食べ物を選ぶことが

習慣になっているなぁと再認識させられる出来事でした。

 

 

今日は新月。

新しいことをやり始めるのに適した日だそうです。

 

まずは仕方ないを手放して、

何か「自信があったらやってみたいこと」

「体験したいこと」を手帳に書いてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

しとやかケア認定インストラクター

作業療法士

小林めぐみ

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top