【足からチェックできること】

こんにちは!
しとやかケア認定インストラクターの田中佑果です。

 

前回ビーチテニスに行ったときに私の身体に起こった変化をお書きしました。
まだの方はこちら>>>

【足のアーチって重要?】

 

これに書かれているように、足部のアーチが崩れてくると全身へと影響してきます。
逆に言えば、脊柱や骨盤の影響で足部が変形することがあるということです。

 

 

私は小さな頃から親にずっと言われていたことがあります。
「外反母趾にならないように足の指にこれを挟みなさい!」
と外反母趾を強制するようなサポーターを渡されていました。
といってもめんどくさいのと、気持ち悪いのでほとんど挟んだことはないですが・・・笑

そしてこちらが私の足!
ご覧頂いたらわかると思いますが、外反母趾です。笑

 

小学生の頃からこの状態だったので、
先の細いヒールの靴を履いてなったわけでもありません。
小学校からバスケットもしていたので、
足の指もそれなりに使っていたと思います。
なのに・・・なぜ?と考えると私の場合は骨盤が原因かもしれないと至りました。

 

 

骨盤が広がっているときは足裏の外側(小趾側)に体重がかかります。
そして母趾の付け根で地面を蹴りにくくなり、
母趾の関節に無理な力がかかるため外反母趾になります。
また重心が外側にかかり続けると膝関節がO脚にもなります。

 

 

ただ!!!!!!
間違ってはいけないことがあります!

 

 

それは、骨盤が広がっていることが問題ではなく、
骨盤が動いていないことが問題です!

 

 

特に骨盤が広がって動かない状態が上で述べたような機序が起こりやすくなるということです。

 

 

自分の骨盤はどっちが動きにくい?
どうなってる?
というのはわかりにくいかもしれませんが、
足部だと自分でも見やすいと思います。
ぜひご自分の足を観察してみてください。

 

普段足の指はしっかりと使っているのか、足を組む癖(どっちかばかりになっていないか)はあるか、
膝はどうなっているのか・・・などなど。

 

 

そして、しとやかケアでは簡単に行える足ゆるめや骨盤の調整などもお伝えしています。
ぜひご一緒に整えていきませんか?(*^_^*)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました:)

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top