【W杯の悲劇】

こんにちは!
スポーツ大好きしとやかケア認定インストラクターの田中佑果です。
ロシアW杯皆さんは観戦されましたか?
私は夜な夜なサッカー観戦を楽しみました♪
いや〜、やっぱりスポーツは感動しますね!

さて、ロシアW杯を夜な夜な観戦した私にはあることが起こりました。
それは・・・

PMS (月経前症候群)がバッチリ出たのです!
今回私に出た症状は、
・乳房の張り感
・眠気
・倦怠感
・喉の痛み
・腹部膨満
そして・・・

なんと言っても「イライラ!」です。

しとやかケアを受講する前の私は生理前のイライラがPMSと知らず、
「イライラするのは生理前だから仕方がない」とよく思っていました。
でも、しとやかケアを学んで「生理前のイライラは無くすことができる!」と知ったのです!
なんと衝撃的!!!!

何度生理前のイライラで家族や大事な人たちとケンカをしたことか・・・
数えきれません。笑
まさに今回もそれが起こり、大切な人とケンカをしました。
でも、しとやかケアを学んだ私は「仕方がない」とはもう思いません。
まず自分の生活習慣に反省です。

なぜ睡眠不足がPMSを引き起こすのか・・・

それは夜22時から深夜2時にかけて脳の視床下部と言うところから放出される性腺刺激ホルモン放出ホルモン(ペプチドホルモン)や脳下垂体から卵胞刺激ホルモン・黄体刺激ホルモンなどの活性が下がってしまいます。
この刺激ホルモンは女性ホルモンで欠かせないエストロゲンやプロゲステロンの調整を行うホルモンです。
なので、この夜22時〜深夜2時までは良質な睡眠を取ることが大切となります。
このホルモンバランスが崩れてしまった私。
ホルモンバランスを整え治すために私が現在行なっていることは・・・

 

・朝7時までに起き、朝日を5分以上浴びる
・通勤時にガムを噛む(リズム運動)
・朝食時バナナを食べる

これらはセロトニンというホルモンを促し、セロトニンは夜になるとメラトニンというホルモンの材料となります。
良質な睡眠を促がすためにはこのメラトニンが必要なのです。
また、睡眠前には頭ゆるめというボディーワークを行っています。
これはベーシックコースでお伝えしています★
更にしとやかケアベーシックコースでは詳しくホルモンについても学べます。
ホルモンについて学ぶことで、PMSが出たときもどう対処したら良いかわかっていると「生理前、生理がイヤだな〜」と思う事がなくなるかもしれませんね( ^ω^ )

最後までお読み頂きありがとうございました:)

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top