【5/20 大阪PMSセミナー開催報告(^O^)/ 】

【5/20に開催されたPMSセミナーの開催報告です!】

 

先日、大阪市内で、

「生理痛・PMSのメカニズムとセルフコンディショニング入門(通称PMSセミナー)」

を開催しました。

 

このセミナーは、

・PMSに気づく

・PMSとホルモンの関係を知る

・月経前の脳科学変化を学ぶ

・セルフコンディショニング実技

の4つを柱に、展開していきます

 

毎回、大盛況のこのセミナー!

今回も、たくさんの女性が集まってくださいました(*^-^*)

 

「PMSセミナーって何?? 」という方は

こちらから>>>https://gracefulcare.iairjapan.jp/pms

 

では早速!

まずは、

このセミナーを受講しようと思ったきっかけから、みんなでシェアです!

「自身のPMSに悩んでいる、少しでも楽になりたい、どうにかしたい」

という方が多かったです。

 

PMS症状は150種類以上あるといわれていますが、

今回も、出るわ出るわ……(‘Д’)

冷え、子宮・卵巣の痛み、肌荒れ、頭痛、腹部膨満感、肩こり、蕁麻疹、しびれ、集中力散漫、イライラ、精神的不安定、自信消失、疲れやすい、気分のむムラ…

言い出すととまりません…((+_+))

 

皆さん、PMSと頭ではわかっている、だけどどのように対処していいのかがわからない。。。

(ノД`)・゜・。

講義では、対処の方法が学べるので、楽しみですね

 

次いで、

お仕事で「婦人科・産婦人科・女性のスポーツ選手・学生さんと関わっている」

という方も数名いらっしゃいました。

 

最近では、産婦人科への療法士の参加がちらほらみえてきましたね

講師の桃井さんも産婦人科で勤務されています!

講師が桃井さんだからこそ教えてもらえた、あのポーズの応用バージョン、参加された皆さん覚えていますか??

 

また、近年、女性スポーツ選手と無月経との関係も注目されてきています。

私は、スポーツ選手(日本代表レベル)のトレーナーをしている知り合いがいるのですが、女性選手の方はなかなか男性トレーナーにスポーツ場面での月経トラブルを相談できないようだということをきいたことがあります。

いろいろな場面で、月経に関する相談・ケアできる人材が求められていることがわかりますね(^^)

 

その他に、「男性が多い職場なので、男性にもお伝えしたい」

という方もいらっしゃいました

私もセラピストは全員男性という職場で10年以上働いてきました(もう退職しています)

そこでは、男性セラピストの奥様が、PMSや生理痛が大変だという話を聞いてはいたので、お伝え出来たらよかったのになぁと思いました。(もっと早く知りたかったです。。。)

 

皆さんからたくさんの思いを聞かせていただきました

 

 

講義は、PMSとホルモンの関係や脳科学的変化、PMSの原因などの知識面へと進んでいきます

この内容は、医療系の勉強をされたかたは、一度は習っているはずですし、インターネットで調べると出てくるものです。

しかし、私もそうでしたが、自分のこととして捉えられていたのか?というと・・・((+_+))

女性ホルモンの働きやストレスがどのように影響しているのか??

知識の面ではとてもよい復習になったのではないでしょうか?(^^)

 

そして、セルフコンディショニング実技では…

最初に自分がどのような姿勢なのかチェック!!

ペアで写真を撮ります

そして、3つのポーズを行います

この3つのポーズの後は、すごく身体が温まります!

そして、姿勢の変化が多くみられます

 

参加された方からも、

「身体が温かくなりました」

「股関節周囲が動きやすくなりました」

「姿勢が変わりました」

「歪みがなくなりました」

とあちこちから声を聴くことができました。

ペアで前後評価の写真を見せ合いっこして、フィードバック♪

こんなに変わると、楽しいフィードバックになりますね(*^-^*)

 

中には、

「1時間のヨガより効果出た気がする・・・」なんて方も!!!(^^)!

これは、当セミナーでお伝えしている3つポーズが、1時間のヨガよりすごいからこのようなお言葉をもらえたわけではありません。

この3つのポーズもヨガのなかにあるポーズですしね

 

効果がでた理由・・・

それは、ちょっとした「ポイント」があるのです♪ (^_-)-☆

この「ポイント」が実はとてもとても大事でして♪♪( *´艸`)

 

どんなポイントなの~ (・o・)?? と、気になりませんか??

 

これは、文章よりも体感してもらうとすぐにご理解いただけると思いますので、

ぜひ、PMSセミナーに参加してみてくださいね(*^-^*)

(各地の日程は、メールの最終部分にのせています)

 

お昼休みには、代表によるプチワークもあり、

 

そんなこんなで、あっという間に時間は流れていきます

シェアワークやペアでやるワークが多いので、皆さん和気あいあいとした雰囲気です

女性限定というのも、いいですよね(*^-^*)

 

 

最後に、

セミナー参加されたかたの感想をご紹介します

 

「PMSと真剣にむきあったことがなく、しかたがないもの、お医者さんと相談するものと思っていたので、ボディもメンタルもコントロールできる余地がまだありそうだと思いました。続けてみたいと思いました」(Hさん)

 

「何でストレスがかかると生理(女性ホルモンのバランス)が乱れるのかが分かった。生理不順で病院に行っても、先生からはストレスだねで終わらされるので、どうしてよいか分からなかった。仕組みが分かったので、今後そのあたりを意識して行ってみたい」(Aさん)

 

「すぐに実施できるポーズを学べることで自分が体験できて良かった。足の冷えが今日はなかったです。自分の体を大切にしたいです」(Fさん)

 

「自分のPMS症状の傾向が少しわかったように思います。何も分からなかった時にはできなかったことを、これからは、今回知ったことで自分のために役立てていきたいです」(Sさん)

 

「自身のPMSに悩んでいる方のみでなく、誰かのためにっていうかたでも、知識の活かし方を知れたり、自分の身体の変化にも感じることができると思います」(Hさん)

 

「難しいことは考えず、少しでも興味があったら、参加してみたらいいと思います。身体も心も楽になってくると思います。悩んでいる人は自分だけではないことも支えになると思います」(Sさん)

 

 

セミナー開始時と比べて、

お帰りの際は、皆さん表情が明るく、足取りもかるく帰って行かれました。

 

知ることで、変わることってあると思います

今までは知らなかっただけ…

知ってしまった今日から、どのような変化が起こるのでしょうか??

楽しみですね(*^-^*)

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました

 

PMSセミナー事務局

北口寿美

********************************

 

2017年から「女性セラピスト限定」ではなくなりました!
女性なら誰でも、受講していただけます。CHECK!!

【入門】
<PMSセミナーin北海道>
日 時:平成30年6月24日(日)
時 間:10時~16時
場 所:札幌産業振興センター
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵 理学療法士
対 象:女性(職種問わず)
定 員:20名(先着順)
参加費;8,640円(税込)

<PMSセミナーin徳島>
日 時:平成30年7月1日(日)
時 間:10:30~16:30
場 所: 徳島市内で調整中
講 師:しとやかケア認定インストラクター 古田寛子 作業療法士
対 象:女性(職種問わず)
定 員:14名(先着順)
参加費;8,640円(税込)

<PMSセミナーin仙台>
日 時:平成30年7月8日(日)
時 間:10時~16時
場 所:東京エレクトロンホール宮城 和室
講 師:しとやかケア認定講師 三浦恵 理学療法士
対 象:女性(職種問わず)
定 員:20名(先着順)
参加費;8,640円(税込)

【ベーシック】
<しとやかケアin大阪>
日 時:ベーシック1・2 平成30年8月4・5日(土日)
ベーシック3・4 平成30年9月1・2日(土日)
時 間:9:30~16:30
場 所:大阪市内で調整中
講 師:吉田ひとみ 国際統合リハビリテーション協会 しとやかケア代表講師
対 象:女性(職種問わず)
定 員:20名(先着順) 残席11名!!

<しとやかケアin北海道
>
日 時:ベーシック1・2 平成30年8月18・19日(土日)
ベーシック3・4 平成30年9月29・30日(土日)
時 間:9:30~16:30
場 所:札幌市内で調整中
講 師:三浦恵 国際統合リハビリテーション協会 しとやかケア認定講師
対 象:女性(職種問わず)
定 員:10名(先着順)

 


★女性セラピストのためのしとやかケア講師養成講座★

2018年も各地でしとやかケア講座を開催予定です。日程は近日公開!お楽しみに!

しとやかケアについて詳細は以下をご覧ください。

※日本作業療法士協会「生涯教育ポイント」付与対象研修会です。
1日参加で1ポイント付与となります。
各種お問い合わせ:gracefulcare@iairjapan.jp

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top