【望むお産と安全なお産は両立するのか?】

こんにちは。

認定講師三浦恵です。

 

あなたには「望むお産」または「望んでいたお産」はありますか?

 

「安産したい」はもちろんのこと

 

会陰切開したくない、

帝王切開したくない、

誘発剤は使いたくない、

呼吸法はこれにしたい、

分娩時の体勢はこうしたい、

夫に立ち会ってほしい、

カンガルーケアしてほしい、

 

などなど。

 

パッと思いついただけでもこれだけ挙がってきます。

 

この「望むお産」を叶える為にはどうしたら良いでしょうか。

そしてそもそも「安産したい」と両立することは可能でしょうか?

 

先日、近所の助産院を見学させていただきました。

私は2人出産しているのですが、3人目を出産する時は(もしその時がきたら)助産院での出産を希望しているからです。

 

なぜ助産院を希望しているかというと、

・フリースタイルでの出産が可能

・子連れ入院が可能

・主人や子供が出産に立ち会える

という点でクリニックや病院にはないメリットがあるからです。

 

でも助産院で出産するには、誰でも望んだ人が出産できる訳ではないですよね。

助産院には産科医が常駐しているわけではないですし、妊娠自体や妊娠経過、出産にリスクのある方は母子ともに安全に出産する為には当然病院での出産が必要です。

 

ではどんな人が助産院で出産できて、どんな人は病院で出産する方が良いのでしょうか?

 

助産院で出産を希望する場合、助産院での出産が可能かを判断する基準があるとのこと。

 

その基準がこちら。

 

A;助産院で出産可能

B;病院と助産院双方の診断を仰ぎながら、助産院で出産可能(妊娠経過によっては病院での出産へ)

C;助産院で出産不可(病院・医師の管理下での出産が必要)

 

つまり、AかBでないと助産院では出産できない、という事ですね。

 

そんな説明を受ける中で、助産院で出産を望む方の多くは「B」に該当すると言う話を伺いました。

 

これ、私はとても衝撃でした。

 

それってつまり、妊娠するまでも健康面で大きなトラブルなく、妊娠過程も良好に進むであろう「A

」の妊婦さんが少ないってこと。

 

ざっくり言うと、健康な女性が少ないってことですよね。

 

これは助産院で産むとか、病院で産むとか以前の問題かもしれません。。

 

(社)日本助産師会総会のガイドラインによるとBの基準の中には「35歳以上で初産」という項目もあるとのこと。

つまり年齢的に難しい面もあるようです。

 

他にも

・気管支喘息や結核の既往
・尿路感染の既往

・不妊治療後の妊娠
・妊娠初期の流産
・切迫流早産の既往
・軽度妊娠中毒症の既往
・前回の分娩時吸引または鉗子分娩

など。

一部抜粋して挙げましたが、この項目を見てもかなりの人たちがひっかかるリストなのかもしれません。

(もちろんこれは助産院で助産師さん、妊婦さん双方が安心して安全に出産するための基準なので、あって然るべき基準です。)

 

ここから何が言えるか。

安全なお産は、女性が健康でいてこそできるものだということ。

そして安全な出産ができて初めて、バースプランなどの望むお産ができるのです。

つまり、妊娠前から健康でいることが安全なお産と望むお産の両方を叶えるのです。

 

当然と言えば、当然ですよね。

 

ではあなたは妊娠前に自分が「健康」かどうか気づくことはできますか?

これ、なかなか難しいようです。

若いうちはなかなか気づかないものです。

 

でも実は、女性には簡単に判断できるものがあります。

 

そう、生理です。

 

毎月巡ってくる生理は女性の健康のバロメーターとも言えるでしょう。

 

生理にまつわるトラブルは多いですが、本来生理痛や月経前不快症状(PMS)は無いものです。

ある、ということは身体や心に不具合があるのかもしれません。

 

もちろん生理トラブルだけでは女性の健康全ては分からないですが、大事なのは自分の身体に目を向けるということ。

 

生理やPMSは、前1ヶ月のあなたの状態を知る大事な“診断書”なのです。

 

そんな月経、PMSのメカニズムと、その改善策を学ぶセミナーがあります。

それがこちら↓↓↓

PMS(月経前症候群)生理トラブルのメカニズムとセルフコンディショニング入門

 

月経を知り、自分の身体に気づき、望む時に、望んだように、安全なお産ができる。

そんな女性が増えることを、私達しとやかケアは願っています。

 

あなたは安全な出産の準備、していますか?

 

長くなりました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

しとやかケア認定講師

三浦 恵

********************************

2017年から「女性セラピスト限定」ではなくなりました!
女性なら誰でも、受講していただけます。CHECK!!

残席4名【入門】PMSセミナーin仙台

日 時:平成30年1月28日(日)
時 間:10時〜16時
場 所:東京エレクトロンホール宮城402
講    師:三浦恵 国際統合リハビリテーション協会 しとやかケア認定講師
対 象:女性(職種問わず)
定 員:20名(先着順)
参加費:8,640円(税込)


★女性セラピストのためのしとやかケア講師養成講座★

2018年も各地でしとやかケア講座を開催予定です。日程は近日公開!お楽しみに!

しとやかケアについて詳細は以下をご覧ください。

※日本作業療法士協会「生涯教育ポイント」付与対象研修会です
1日参加で1ポイント付与となります
各種お問い合わせ:gracefulcare@iairjapan.jp

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top