しとやかケア セミナー詳細

【このコースで学べること】

・女性の身体の仕組みを知り、女性特有の悩みに対するセルフケアが行えるようになります。

・身体の構造だけでなく、脳ホルモンや生活環境、精神面とのつながりを学び、日常生活に活かすことが出来るようになります。

・知らず知らずに身体も心もスタイルアップしてゆきます。

【対象】医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(女性限定)

コース修了時には、国際統合リハビリテーション協会認定のディプロマが発行されます。

【講義概要】

ベーシックコース(全4回 連続2日間×2回) ベーシックコース4以外は単発受講可能

コース1
講義:
①現代女性の骨盤、子宮の問題点
②解剖学:ケアの目的を解剖学的に理解する
実技:
身体の捻れ、歪みのチェック法(静的評価、動的評価)全講義共通
プレケア、呼吸法、骨盤、脊柱を中心とした調整方法

コース2
講義:
①女性の身体のバイオリズムと月経の生理学
②脳ホルモンが月経に及ぼす影響
実技:
身体の捻れ、歪みのチェック法(静的評価、動的評価)全講義共通
呼吸法、骨盤、股関節周囲、腹腔を中心とした調整方法

コース3
講義:
①PMS、生理痛が起こるメカニズムの一部を理解する
②月経とメンタルコントロール
実技:
身体の捻れ、歪みのチェック法(静的評価、動的評価)全講義共通
呼吸法、胸郭、腹腔、肩甲骨を中心とした調整方法

コース4
講義:
①布ナプキンの取り入れ方と日常のケア
②総復習、筆記試験
実技:
身体の捻れ、歪みのチェック法(静的評価、動的評価)全講義共通
呼吸法、ケアの基本の組み合わせ方法、全身を通した調整方法
実技試験

※チェック法、調整法はすべてセルフでできるものです。
※講義内容は一部変更になることがあります。

 

【Q&A】

Q.妊娠中なのですが、参加可能ですか?12月23日岡澤写真

A.妊娠初期は不可とさせていただきます。妊娠16週以降で、医師からヨガなどの運動許可が降りている方にかぎり、ご参加いただけます。

 

Q.しとやかケア入門編(PMSセルフコンディショニングセミナー)を受講していないと受けられませんか?

A.しとやかケアベーシックコースは、必ずしも入門編を受けていなくても受講できます。

 

Q.すべての日程に予定が合わないのですが・・・

A.4日目(検定込み講座)以外は、単発での受講が可能です。
 また、4日間パックでお申し込み希望の場合、2期先までは他の受講日に振り替えが可能です。
 (関西第1期にお申し込みの場合、関西第3期までに受講し終えればOK)

 

その他、ご質問があればお気軽にこちらまでお問い合わせください。

 

講師

比嘉 菜津美

作業療法士
愛知県
IAIR東海支部 代表
女性専門 CLINICAL TOTAL BODY CARE 代表
NARD JAPAN アロマインストラクター
所属協会:日本統合医療学会
日本作業療法士協会
ナード・アロマテラピー協会
経歴:急性期・回復期病院で脳卒中・整形・手の外科を中心に、急性期から外来まで様々なステージを経験。交通外傷や不定愁訴のクライアントを多く担当する。
IAIR東海支部の認定セミナーとメディカルアロマリハビリテーションのメイン講師を務める傍ら女性専門のボディケアを行っているが、女性の不調は心身の不調が複雑に絡み合っていること、自身がボディワークを行うことでPMSや生理痛を克服してきたことから、しとやかケアに従事する。
猫のふわふわした触り心地とアロマが何よりもの癒しであり、頑張る女性がその人らしく生き生きと過ごせることをモットーとしている。 。
家族構成:夫と二人暮らし

三浦 恵

理学療法士
住まい都道府県:宮城県仙台市
勤務分野:訪問リハビリ
独立分野:Woman’s HealthサークルBahaRe代表(仙台を中心とした女性の心身を理学療法士の視点からサポートするサークル)
所属協会:日本理学療法士協会、IAIR東北(認定インストラクター)
家族構成:夫、6歳女の子、3歳男の子の4人家族
経歴:結婚後不妊症が発覚し病院勤務時代に不妊治療を開始。治療の末二児を授かるも周囲の女性の多くが婦人科系疾患・不妊であることに驚き、理学療法士として、一不妊経験者として何かできることはないかと思いウーマンヘルスケア分野に興味を持つ。「知れば、変わる」を伝え、女性が自分らしく、女性らしくいられるよう邁進している。趣味はキャンプ、女子会。

監修

吉田 ひとみ

作業療法士

国際統合リハビリテーション協会 理事
関西支部代表
ヨガインストラクター
産前産後ケアサロンMom’s style代表
IAIR関西株式会社 代表取締役

産前産後と、生理痛、月経前症候群(PMS)など女性特有のトラブル専門のケアをお伝えしている。ケアを通して「すべてのママと、将来のママ」の心と身体を整える専門家。

1982年大阪市生まれ。神戸大学医学部保健学科卒業。2006年、作業療法士国家資格取得。7年半の病院勤務を経て、のべ11000人以上の患者様の身体に触れる。入職5年目の科内最短で、約60名所属するリハビリ科主任に抜擢され、管理職を努める。2012年結婚後すぐに妊娠、2013年の出産を機に病院を退職。

翌年、所属していた国際統合リハビリテーション協会の関西代表に就任。3年間でのべ1400人のリハビリ国家資格保持者の技術指導に関わる。

ヨガ、ベリーダンス実践歴9年、ヨガインストラクターの資格も持ち不定期で生理痛解消のヨガワークショップを開催している。

出産後、子どもを保育園に預けないでできる仕事を模索した結果、現在に至る。
そのため平日は、3歳の息子のママとして主婦業を行っている。
子育てしながらでも自分らしく活躍できるママセラピストを増やすことを目標としている。

セミナー日程

イベント