ホワイトデーにPMSや生理痛の原因が潜んでいる?!

皆様、こんにちは!

しとやかケア認定インストラクターで理学療法士の大平香菜子です。

 

 

ホワイトデーが終わりましたが、女性の皆さんはステキなお返しをもらいましたか??

 

 

我が家では、バレンタインデー・ホワイトデー共に手作りをするという

暗黙のルールがあるので、旦那さん手作りのチーズケーキをいただきました!!

 

 

ホワイトデー以外ではスイーツ作りなど全くしない旦那さんなので、

こういうプレゼントは嬉しいですね。

 

 

皆さんもホワイトデーにスイーツをもらった方が多いと思います。

 

 

PMSや生理痛と切っても切れないのがそのスイーツ(甘いもの)!!

 

 

甘――いスイーツの中に大量に入っているのが白砂糖です。

 

スイーツを作ったことがある方なら、その砂糖の量にビックリしたことがあると思います。

 

 

 

その白砂糖を摂取すると、血糖値が急激に上昇します。

その血糖値を下げるために、インスリンが大量に分泌されて、

今度は急激に血糖値が下降します。

 

 

つまり、血糖値が急上昇・急降下のジェットコースター状態!!

 

 

最終的には白砂糖摂取前より血糖値は下がってしまい、低血糖状態になります。

それによって、イライラや不安を引き起こしたり、さらに糖分が欲しくなる中毒症状がみられるようになります。

 

 

その血糖値のアップダウンに翻弄され、

その結果ホルモンバランスが乱れてPMSや生理痛につながると考えられています。

 

 

 

また、白砂糖は体を冷やす効果もあるので、「冷え」につながる危険性もあります。

 

 

 

そうは言ってもすぐに砂糖を全て生活から排除するのは難しいと思います。

 

 

そこで、私の対応法を参考までにお伝えします。

 

 

  • 糖分は精製された白砂糖ではなく、茶色い砂糖を

特に血糖値を急上昇させるのは砂糖の中でも白砂糖です。

未精製の茶色い砂糖(きび砂糖など)は白砂糖と比べて血糖値の上昇速度が

緩やかになると言われています。

特にてんさい糖は身体を温める効果があるそうです。

(白砂糖よりお値段は高いですが…)

 

 

  • デザートはナッツ、フルーツ、ヨーグルト

ナッツはナッツでも食塩・オイル不使用のものを食べています。

フルーツは果糖という糖分が含まれており、白砂糖より血糖値の上昇が緩やかです。

ヨーグルトはプレーンのものを買って、オリゴ糖やきな粉で甘味を調整しています。

 

 

 

これだけ色々と書いていますが、私は友達と外食すれば、ケーキも食べるし、

人からいただいたお菓子もありがたく食べます。

 

 

 

完璧を目指そうとすると、私自身が辛くなるからです。

それに、外食や頂き物まで拒否していたら、周囲の人との人間関係もビミョーになる

危険性もありますしね!!笑

 

 

 

自分の生活と照らし合わせながら、少しずつ、無理のない範囲から

取り入れていただくのがストレスにならないかなと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

しとやかケア認定インストラクター 理学療法士 大平 香菜子

 

 

 

(参考文献:PMSを知っていますか?「気のせい」ではなかった病気の対処法,リネヤ・ハーン)

(参考文献:女性ホルモンがつくる、キレイの秘密,松村圭子)

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です