生理前のイライラがある人へ、試してみるべきたった1つの方法

こんにちは、吉田ひとみです。

隔週金曜日に女性セラピストのためのコラムを配信しています。

 

前回は、PMSって知っていますか?というお話をさせていただきました。

 

PMS(月経前症候群)の症状は1人1人違っていて、悩みを解決するためには、まず自分のその症状がPMSであることに気づくことが大事であるとお伝えしました。

 

さて、今日は、代表的なPMSの症状の一つ、「イライラ・不眠・不安」といった精神症状がある方への対策をお伝えします。

 

結論です。

【生理前にイライラがある人は、一度◯◯をやめてみてください。】

 

あなたが日常的に摂っている◯◯には、

 

・警戒心を強める

・不眠や不安症状を悪化させる

・神経を過敏にする

 

作用があります。

 

小難しい説明をしますと、◯◯は、細胞のメッセージ伝達速度を遅くする神経伝達物質=アデノシンを阻止します。つまり、アデノシンの遊離にブレーキがかかるため、神経受容体は活動過多になったり受容過多になったりするのです。

 

そのため、イライラする時はその度合いがひどくなり、落ち込む時は余計に落ち込んでしまうことになります。

おまけに、精神安定剤や睡眠薬の効果を無効にしてしまう働きまであります。

 

その物質とは、、

 

【カフェイン】

 

毎朝飲んでいるコーヒー、紅茶や緑茶、チョコレートにもカフェインは含まれています。

 

オレゴン州大学の研究で、1日に1杯半から4杯のお茶を飲む女性は全くお茶を飲まない女性に比べ、PMSの兆候が2倍もあるという結果が出ています。

 

骨粗鬆症は更年期になって起こることが多いと言われていますが、その原因は女性ホルモンの低下です。1杯のコーヒーは、30〜50mgのカルシウムをカラダから奪い取ると言われています。ホルモンバランスが悪くなると当然骨も弱くなることが考えられます。若くして骨粗鬆症予備軍にはなりたくないですよね。また、カフェイン、砂糖、リン酸は、骨からカルシウムを容脱させて骨粗鬆症を助長する最悪の組み合わせです。

 

その最悪な組み合わせを持った飲み物は、かの有名な【コーラ】ですね。

 

生理前のイライラがあるという方は、排卵期がすぎたら一度

【カフェイン断ち】してみてはいかがでしょうか?

 

コーヒーはカフェインレスかハーブティーに

お茶は水に

チョコレートやコーラは摂らない

 

私は、授乳中のためカフェインはほとんど摂りませんが、始めてしまえば別に辛くはないですよ。

是非、お試しくださいね^^

 

質問等はこちら

yoshida_hitomi@iairjapan.jp

 

★PMSを改善するためのコンディショニングセミナーin大阪を開催します。

 

女性セラピストのためのセルフメンテナンス

PMS(月経前症候群)の改善方法について~

6月21日(日)10:30~16:30

市民交流センターひがしよどがわ 403号室

お申し込みはこちらから

女性セラピストのためのセルフメンテナンス~PMS(月経前症候群)の改善方法について~

 

 

友だち追加 メルマガ登録フォーム Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です